MENU CLOSE

活動報告

優秀論文賞のご紹介(第77回日本公衆衛生学会にて表彰)

優秀論文賞のご紹介 

本誌の公衆衛生的意義を高める論文や、会員の今後の公衆衛生活動を活性化するような論文について、編集委員会として原著部門、公衆衛生活動報告・資料部門のそれぞれについて、優秀演題賞を選定しております。

第77回日本公衆衛生学会総会(福島)にて表彰されたのは以下の3編です。
(2017年 第64巻掲載論文から選定)

 

 

原著部門

「基本チェックリストと健診データを用いた縦断研究に基づく要支援・要介護リスク評価尺度の開発」

64巻5号 246-257ページ

( 辻 大士 , 高木 大資 , 近藤 尚己 , 近藤 克則 )

 原著部門

「インセンティブ付き健康づくり事業参加者のうち,誰がプログラムを継続できないか:報奨獲得への動機と継続率に関する実証研究」

64巻8号 412-421ページ

( 岡本 翔平 , 駒村 康平 , 田辺 解 , 横山 典子 , 塚尾 晶子 , 千々木祥子 , 久野 譜也 )

 公衆衛生活動報告・資料部門

「地域包括支援センターの機能強化に繋がる都道府県支援の在り方の考察」

64巻10号 630-637ページ

( 白井 和美 , 杉浦加代子 , 津下 一代 )