クラスター対策研修会(2020年3月29日)

資料

 ■COVID-19への対策の概念 
東京のクラスターと永寿総合病院の関係について報道機関から多くの問い合わせをいただいています。
クラスター対策班ではクラスター間のリンクについてさまざまな可能性を考えています。
スライドのなかでもお伝えしているように孤発例はその背景に必ずクラスターがあるので、その存在は大きな問題となります。
同様にクラスター間にもリンクが明らかであれば地域で見えない感染拡大の起きている可能性は低くなりますが、リンクがつながらないとその可能性が高まるのでそのようなリンクについてはあらゆる可能性を考えています。
永寿総合病院での流行の感染源については現在、クラスター対策班も参加し調査している段階で、感染源は確定していません。
このスライドでむしろ強調したかったのは、無症候の医療従事者が院内感染あるいは病院間の感染の原因になるということです。

一部誤解を招く表現があったためスライドを修正してあります。関係者にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する厚生労働省対策推進本部クラスター対策班・押谷仁

 東北大学大学院医学系研究科/押谷 仁

COVID-19積極的疫学調査実施要領(暫定版)と蔓延防止

 大東文化大学/中島 一敏

 

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針

 内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策本部

 

 ■積極的疫学調査実施要領(暫定版)  ■基本情報・臨床情報調査票(PDF)

 国立感染症研究所

 ※基本情報・臨床情報調査票のエクセル版は国立感染症研究所HPへ

 

動画

視聴申請をお願いします。
なお、SNSなどへのシェアにつきましては、ご遠慮ください。
視聴申請はこちらから